OTHER STORIES

池田勇太 「いま私たちにできること」/ 5月の「ミズノオープン」も中止。5試合連続(4月9日発表)

  • photo1

4月7日に、ついに日本も緊急事態宣言が発令された。「私の地元、千葉県も対象地域となっており、ひとりひとりが慎重且つ互いを思いやる行動が求められていると、私自身も切に感じております」と、昨年覇者はコメントを出した。

5月28日から31日に行われる予定だった「ミズノオープン」。やはり昨今の新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて、4月9日に開催の中止を発表した。
同大会のサブタイトルは「全英への道」。世界最古のメジャー競技「全英オープン」への出場権を兼ねた昨年大会で、全長8000ヤードを超える”モンスターコース”と呼ばれる茨城県のザ・ロイヤルゴルフクラブで大接戦を制し、ツアー通算21勝目を飾った池田勇太。

今年、7月16日からロイヤルセントジョージズで開催されるはずだった第149回の全英オープンも、日本時間の4月6日に開催の中止が発表された。この緊急事態で『今はスポーツは二の次』という姿勢を主催のR&A(全英ゴルフ協会)が、鮮明にしたところだ。

ジャパンゴルフツアーの中止決定も、国内開幕戦の「東建ホームメイトカップ」から、これで5試合連続となるが、「連覇のかかったこの大会の中止も本当に残念ですが、ファン・ボランティアの皆様や大会に関わるすべての方々の安全を第一に考え、苦渋の決断をしてくださった主催のミズノ株式会社様、スポンサー各社様、また、開催に向けて準備をしてくださったすべての関係者の皆様に心より感謝申し上げます」と、謝意を示した池田。

「いま私たちにできることは、外出を控えて自身の身を守り、健康を保つこと、そして正しい知識に基づき感染予防をすることではないかと思います」と切なる思いをにじませ、「この危機を乗り越え、ファンの皆様とまた会場でお会いできる日が一日も早く訪れることを心より祈念しております」と、締めくくった。

» 前のページに戻る

関連記事

広告